女性ケアマネージャーの現状

介護の仕事というものは、それが仕事として確立する以前より女性が中心となって活躍する仕事でした。介護士をはじめとして栄養士や調理師などさまざまな職種の人々が携わり、中には専門の知識が必要で資格が必要なものや非常に体力の必要とされるものもあります。その一つがケアマネージャーです。ケアマネージャーとは、介護支援専門員とも呼ばれており、ケアマネージャーになるためには要介護認定・要支援認定、保健医療サービス、福祉サービスに関する知識を学び、試験に合格して研修を受ける必要があります。寝たきりや認知症などの介護を必要としている人々とその家族などの周囲の人々の依頼に応じて、彼らの要求や環境を考慮して、どのような介護が適しているのかを調べてケアプランを作成し、フォローすることがその業務内容となり、体力面で自信のない女性でも安心して就くことができる仕事の一つとしてケアマネージャーという仕事が注目されてきています。

女性のケアマネージャーは多く、高齢者にとって親しみやすく気軽に相談できることや細やかな気配りができることがメリットしてあります。反対に、異性の依頼者であれば家への訪問に気を遣われてしまうデメリットもあります。介護の仕事に限らず、女性は結婚相手の仕事の都合での転勤などを考慮されることや子育てのブランクなどが課題として多くあげられていますが、常に人材の確保が必要とされる介護業界で、女性にとって一生の財産となる資格としてもケアマネージャーは実に魅力的なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です