ケアマネージャーは女性が働きやすい?

ケアマネージャーは、介護職の中でも事務職と言えるでしょう。介護の現場では力仕事が多く、体力に不安を感じる女性は介護職に就くことを躊躇してしまいがちです。でも、ケアマネージャーの主な仕事は事務的なものなので、その点では問題ありません。きめ細かな事務職は女性が得意な傾向があり、現在事務職をしていて転職を考えている方も検討してみてはいかがでしょうか。

仕事の内容は、まず本人や家族・地域包括支援センターからの介護相談があり、ケアプランを作り書類などを代行作成していくものです。高齢者とサービスする側をつなぐという、なくてはならない仕事です。ケアマネジメントすることで、様々な高齢者の困難が解決されていきます。また、自分の仕事は自分で計画していくため、休みを取りやすいということや、介護職の中では夜勤がないことも家庭との両立をしていく上で役立つでしょう。そして、資格があることで給料にも反映され比較的高い設定になります。他にも多岐にわたる仕事はありますが、高齢者の介護に関わる大切な、これからも求められている仕事です。女性は、高齢者に安心感を与えやすいということがあります。一方で男性の高齢者には不安を与えることもあるようですが、最近では男性も多くなっている職種なので、職場内で解決していくことが出来そうです。職場でのチームワークなどを活用し経験を積んでいくことで、必要とされ信頼されるケアマネージャーとして活躍していけることでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です